勃起薬を使用する時に気をつける事3つ

勃起薬を使用する時に気をつける事3つ

現在日本では勃起薬を手に入れる方法として、病院で医師の処方箋をもらう方法と輸入代行業者のネットショップで購入する方法が認められています。

 

 

輸入代行業者のネットショップではジェネリックのお薬が比較的安価で販売されています。

 

 

勃起薬を使用する時に気をつける事の1つ目は勃起薬には様々な種類があり、作用時間や作用強度にもかなりの違いがありますので良く詳細を把握してから購入する事です。

 

 

例えばバイアグラは作用強度は強いが短時間のみ効く薬である。シアリスは作用強度はバイアグラに劣るが、作用時間は長いなど。自分の用途に合った物を選ぶべきです。元々何かの持病をお持ちの方は使用出来ない事もあるので注意して購入しましょう。

 

 

使用する時に気をつける事の2つ目は食事です。だいたいの勃起薬は空腹時に服用する事になっていて、服用後もちゃんと吸収されるまで食事をとらない方がいいです。服用後、だいたい1時間くらいあけての食事なら大丈夫ですが。服用した後に食事をとると、極端に吸収率が落ちて効き目が悪くなります。これは実体験として確実です。あとはアルコールも控えた方が良いでしょう。そもそもアルコールは勃起するのを妨げてしまうので、せっかく服用した勃起薬も、たいした効果が無くなってしまいます。

 

 

使用する時に気をつける事3つ目は、副作用です。副作用自体は軽いものなのですが場合によっては注意が必要です。

 

 

まず、目が血走る。せっかく勃起薬を服用しても目が血走っていては女性もビックリするかもしれません。目が痒かった。寝不足だったなど、言い訳を考えておくと良いですね。後は鼻が詰まる。頭痛がする。なども有ります。症状としては軽度なのですが、人によっては症状が強く出るかも知れません。薬の作用が無くなれば副作用も自然に消えます。

 

 

最後に心臓がドキドキする。というのも有ります。自然勃起状態よりも血液が局部に集まりやすいので、ドキドキと心臓が鳴る事があります。これは体位を変えた時や突然起き上がった時などに起こりやすいです。